保険選びでペットの運命が決まる?

ペット保険を選ぶコツをいくつかお伝えしましたが、ペット保険選びは実は、ペットの運命を決めると言っても過言ではない、重要な選択肢としても知られていますので、よく考えて保険選びをすることが大切です。例えば、保険選びを間違えると、このような事態が起きてしまう可能性があるでしょう。

まず、ペット保険の保険金が下りるタイミングを確認していなかった場合。保険会社によっては申請をしてから数か月で保険料が振り込みになる可能性が高いのですが、申請から数年してやっと保険料が下りるというような会社もありますので、そういった所に申し込んでしまった場合、立て替えるお金が底をついてしまい、手術を受けるお金さえ無くなるという事態に陥る飼い主さんが少なくないようです。

次に、現在加入している保険に継続加入をした際に、ペットの年齢が上がっていれば、違う保険に加入をし直した方がお得になる可能性があります。中には、そのことに気が付かずに、倍以上の金額を月々支払っていたという飼い主さんもいるようです。ペットの年齢によって入ることが出来る保険の種類や、よりお得に加入することが出来る保険なども変わりますので、毎年出来れば比較をしてみることをお勧めします。

こんなペット保険を選んではいけない!

ペット保険は企業によって少しずつ保険内容や金額が異なりますので、しっかりと比較をして選択をすることが大切ですが、ペット保険を選ぶ際には、このように、選んではいけない保険のポイントを押さえて選ぶようにすると、選びやすくなると言えるでしょう。

まず、補償内容が充実していないにも関わらず、月々の保険料が高いという場合です。例えば、保険によっては月々の保険料が相場の料金であるにも関わらず、ケガの一部は対象外という場合や、病気の種類によっては対象外になるというような補償内容の保険もありますので、どの病気も保証してくれるタイプの保険を選ぶようにするべきだと言えるでしょう。

次に、月々の保険料が生活に支障をきたすようなタイプの保険です。大切なペットを守るための保険とは言え、切り詰めてやりすぎると、万が一病気になった際など、保険料が下りるまでは最初は自腹になりますので、肝心な時にお金が無くなってしまう可能性があります。そうならないためにも、保険料はそこまで生活に負担にならないような程度の保険料の保険を選ぶように心がけましょう。このように、ペット保険を選ぶ際にはいくつかポイントがありますので、参考にしてみてください。

ペット保険を選ぶポイントは?

大切なペットを守ることになる、ペット保険の存在は、飼い主さんにとって非常に重要であると言えるでしょう。ペット保険は数多くありますので、選ぶ際には、いくつか選ぶポイントを押さえて選ぶ必要があります。

まず初めに、ペットの種類によって選ぶ保険が変わります。ワンちゃん専用、ネコちゃん専用、小動物専用など、飼っているペットの種類によってペット保険の種類も変わってきますので、まずは種類を選ぶようにしましょう。また、大型犬や小型犬など、同じペットでも、犬種やサイズによって異なる可能性がありますので、よく確認をする必要があります。

次に、補償範囲に関してです。同じような金額、同じような種類の保険でも、保険会社によって、保険の補償内容などが異なりますので、事前によく確認を行いましょう。同じ保険金額を支払っているにも関わらず、片方は通院まで保証、もう片方の保険は入院の場合のみ対応など、補償範囲が大きく異なる場合があります。

そして、月々の保険金額が重要です。同じような保険内容にもかかわらず、保険の金額や、支払いタイミングが大きく異なる場合がありますので、どのタイミングで支払いをするのか、月々の支払いはいくらくらいになるのかをよく比較して、ペット保険を選ぶようにすると良いでしょう。このように、ペット保険を選ぶ際にはしっかりと比較をしないと、後悔することになる可能性がありますので、十分時間をかけて比較するように心がけてみてください。